移転のお知らせ
クラシック音楽の無料動画
クラシック音楽の無料動画

上記サイトに移転しました。
クラシック音楽の無料動画 最新動画・情報追加履歴
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラシック音楽ニュース 「2009年のヘンデル没後250年に向けた3年がかりのプロジェクト開始」

2009年に没後250年を迎える作曲家ヘンデル。バッハと並ぶバロック音楽最大の作曲家のメモリアル・イヤーに向けた3年がかりのプロジェクト「東京オペラシティ+バッハ・コレギウム・ジャパン 2007→2009 ヘンデル・プロジェクト」の開催が決定し、今秋11月からスタートとなる。ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685~1759年)は、バッハと同年生まれ。ドイツ、イタリア、イギリスで活躍するという、当時としては異例とも言える国際的な作曲家。旧約聖書をもとにしたオラトリオやオペラなど多数の作品を残しているが、現在の日本では「ハレルヤ・コーラス」で有名なオラトリオ「メサイア」など一部の楽曲が知られるのみである。今回のプロジェクトでは、クラシック音楽の大家の知られざる作品とその魅力にスポットを当てるのが狙いだ。(@ぴあ Yahoo!ニュース引用)

スポンサーサイト
クラシック音楽ニュース 「ウラディーミル・アシュケナージ ピアノと指揮、両輪に」

ロンドンのロイヤル・フィルやチェコ・フィルなど著名楽団の主要ポストを歴任してきた。N響の音楽監督は平成16年9月から3年間務めたが、この8月をもって退き、桂冠(けいかん)指揮者となる。N響では特に作曲家ショスタコービッチの演奏が脚光を浴びた。折しも昨年はショスタコービッチ生誕100年の記念の年だった。旧ソ連時代にショスタコービッチとも交流があったアシュケナージにとっては、意義深い年であった。2009年からは、オーストラリア・シドニー交響楽団の首席指揮者に就任することが決まっている。(産経新聞 Yahoo!ニュース引用)

クラシック音楽ニュース 「ニューヨークフィル、次期音楽監督にA・ギルバート氏」

米国最古の交響楽団であるニューヨーク・フィルハーモニックは18日、第25代音楽監督にアラン・ギルバート氏(40)を迎えると発表した。2002年から同楽団の音楽監督を務めているロリン・マゼール氏の後任として、2009-10年シーズンに就任する。ギルバート氏は2000年からロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニック・オーケストラの首席指揮者および芸術監督を務める。(ロイター通信 Yahoo!ニュース引用)

クラシック音楽ニュース 「第13回チャイコフスキー国際コンクール バイオリンで神尾真由子さん優勝」

若手音楽家の登竜門として世界的に知られ、13日からモスクワで開かれていた第13回チャイコフスキー国際コンクールの審査結果が29日夜(日本時間30日未明)発表され、バイオリン部門で神尾真由子(かみおまゆこ)さん(21)=大阪府豊中市出身=が優勝した。同部門での日本人の優勝は第9回(90年)の諏訪内晶子さん以来。前回(02年)は同部門で川久保賜紀(たまき)さんが1位なしの2位に選ばれており、事実上、日本人が2大会連続で最高位に輝いた。 (毎日新聞 Yahoo!ニュース引用)

クラシック音楽ニュース 「チャイコフスキー国際コンクール 弦楽器製作で邦人が1、2位」

世界最高峰の音楽コンクールの1つ、チャイコフスキー国際コンクールが13日、モスクワ音楽院大ホールで開幕した。音楽部門に先立って行われた弦楽器製作コンクールのバイオリン部門で、イタリアでバイオリン工房を開く菊田浩さん(45)=名古屋市出身=が優勝、高橋明さん(36)=大阪府枚方市出身=が2位となった。音楽部門は30日までの日程でピアノ、バイオリン、チェロ、男女声楽の4部門で行われ、34カ国から200人以上が参加している。 (時事通信 Yahoo!ニュース引用)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。