FC2ブログ
移転のお知らせ
クラシック音楽館 Youtube鑑賞会
クラシック音楽館 Youtube鑑賞会

上記サイトに移転しました。
クラシック音楽の無料動画 最新動画・情報追加履歴
ドヴォルザーク 「ロマンス ヘ短調 作品11 B.39」

1873年~1877年 作曲

1879年 出版

ベートーヴェン,W.A.モーツァルトのロマンスに並ぶ人気作品

ドヴォルザーク 「弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調 作品96 B.179」

1893年 作曲

1894年1月1日 クナイゼル弦楽四重奏団によりボストンで初演

ドヴォルザークがアメリカ滞在中に作曲した作品で彼の室内楽作品中最も親しまれている作品である

ドヴォルザーク 「森の静けさ (Klid) 作品68-5 B.182」

1883年 作曲

ドヴォルザーク自身によってチェロとピアノのための版(1891年)とチェロと管弦楽のための版(1893年)の2つが作成された

ドヴォルザーク 「交響曲 第9番 ホ短調 作品95 新世界から」

1892年~1895年 作曲

1893年12月15日 出版 1893年12月16日 ニューヨーク・カーネギーホールにて初演

ドヴォルザークのアメリカ時代を代表する作品である。ドヴォルザークのほかの作品と比べても際立って親しみやすさにあふれるこの作品は、クラシック音楽有数の人気曲となっており非常に有名。オーケストラの演奏会で最も頻繁に演奏されるレパートリーのひとつでもあり、ベートーヴェン交響曲第5番「運命」シューベルトの交響曲第7番「未完成」と並んで「三大交響曲」と呼ばれることもある

ドヴォルザーク 「チェロ協奏曲 ロ短調 作品104 B.191 第1楽章」

1894年~1895年 作曲

ロ短調のロンド形式 1896年3月19日、ロンドンのフィルハーモニー協会 独奏はレオ・スターン 作曲者自身の指揮によるロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏。依頼者のヴィハンはチェコでの初演を担当し、この曲を献呈されている